コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤 益雄 コンドウ エキオ

20世紀日本人名事典の解説

近藤 益雄
コンドウ エキオ

昭和期の教育家,障害者教育実践家,童謡詩人 なずな園創設者;のぎく学園創設者。



生年
明治40(1907)年3月19日

没年
昭和39(1964)年5月17日

出身地
長崎県佐世保市

学歴〔年〕
国学院大学高等師範部〔昭和2年〕卒

主な受賞名〔年〕
文部大臣表彰,読売教育賞〔昭和29年〕,西日本文化賞,ヘレン・ケラー教育賞〔昭和38年〕,日本精神衛生連盟表彰

経歴
昭和3年帰郷し、長崎県北部の辺地・離島の児童教育に従事、児童詩や生活綴方教育に専念。昭和16年「子どもと生きる」を刊行。23年田平小学校長。25年自ら校長をやめ、佐々町口石小学校に特殊学級を開設、その担任となる。かたわら28年には生活施設・のぎく寮(後に、のぎく学園)を創設、家族ぐるみで知的障害児の指導にあたる。37年口石小学校を退職し、寮を学園と改めその経営に専念。同年秋には精神薄弱成人ホーム・なずな寮(後の、なずな園)を創設、その経営を次男の原理夫婦にまかす。「のんき、こんき、げんき」を合言葉に障害児教育運動を推進した。著書に「近藤益雄著作集」(全7巻 別巻1)、詩集に「この子をひざに」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

近藤 益雄 (こんどう えきお)

生年月日:1907年3月19日
昭和時代の教育家;童謡詩人
1964年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

近藤 益雄の関連キーワード生年月日教育家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android