コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

担任 タンニン

デジタル大辞泉の解説

たん‐にん【担任】

[名](スル)
一定の任務を担当すること。
「月謝小遣其他は宗助の方で―しなければ義理が悪い」〈漱石
学校で、学級や教科を受け持つこと。また、その人。「新しいクラスを担任する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんにん【担任】

( 名 ) スル
責任を持ってその仕事を引き受けること。また、受け持った仕事。担当。 「日本の活社会と交渉のある教授を-すべき人物である/三四郎 漱石
学校で、教師があるクラス・教科などを受け持つこと。また、その教師。 「一年生を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

担任の関連キーワード3年B組金八先生スペシャル4「イジメられっ子金八先生」「菌」発言と第三者委員会持ち上がり・持ち上り持ち上がる・持ち上る受け持ち・受持ち受け持つ・受持つホーム・ルーム免許外教科担任小一教育技術小五教育技術小四教育技術小六教育技術小三教育技術小二教育技術ホームルームチューター教科担任制JADCA学級担任制投票管理者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

担任の関連情報