コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤芙山 こんどう ふざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤芙山 こんどう-ふざん

1806-1856 江戸時代後期の画家。
文化3年生まれ。渡辺周渓,画僧の松野梅山らにまなぶ。のち仏画をえがいた。安政3年5月11日死去。51歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。通称は忠三郎。別号に煙霞斎,雪翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

近藤芙山の関連キーワードロシア・トルコ戦争ナポリ王国スマーク川本幸民マクスウェル(James Clerk Maxwell)フランツ大陸封鎖フランツ[2世]ビュルゲルファビウス

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android