コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迷惑メール防止法 メイワクメールボウシホウ

3件 の用語解説(迷惑メール防止法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めいわくメール‐ぼうしほう〔メイワク‐バウシハフ〕【迷惑メール防止法】

特定電子メール法」と改正「特定商取引法」との総称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

めいわくメールぼうしほう【迷惑メール防止法】

特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」の通称。⇒特定電子メールの送信の適正化等に関する法律

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

迷惑メール防止法
めいわくめーるぼうしほう

宣伝のために無差別に配信される電子メールを特定電子メール(いわゆる迷惑メール)と規定し、これを規制する法律の通称。2002年(平成14年)施行。正式名称は「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」(平成14年法律第26号)で、特電法、特定電子メール法、特定電子メール送信適正化法ともいう。携帯電話に一斉送信される広告宣伝、架空請求、詐欺、ウイルスメールなどの迷惑メールが社会問題となったことを受けて制定された。
 施行当初は「未承諾広告※」の表記を義務づけるオプトアウト方式が導入されるとともに、プログラムによりランダムに作成された架空電子メールアドレスへの送信が禁止された。その後、迷惑メールの悪質化や技術の高度化を踏まえ、2005年の改正ではスパムメール送信の禁止や罰則が強化され、さらに2008年にはオプトイン方式による規制、外国から発信される迷惑メールへの対策が図られた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

迷惑メール防止法の関連キーワードCCスパム電子メールアドレス風営法架空電子メールアドレス特定電子メール特定電子メール法風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律風適法特定電子メール法(特定電子メールの送信の適正化等に関する法律)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone