コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迷惑メール防止法(読み)メイワクメールボウシホウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

迷惑メール防止法
めいわくめーるぼうしほう

宣伝のために無差別に配信される電子メールを特定電子メール(いわゆる迷惑メール)と規定し、これを規制する法律の通称。2002年(平成14年)施行。正式名称は「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」(平成14年法律第26号)で、特電法、特定電子メール法、特定電子メール送信適正化法ともいう。携帯電話に一斉送信される広告宣伝、架空請求、詐欺、ウイルスメールなどの迷惑メールが社会問題となったことを受けて制定された。
 施行当初は「未承諾広告※」の表記を義務づけるオプトアウト方式が導入されるとともに、プログラムによりランダムに作成された架空電子メールアドレスへの送信が禁止された。その後、迷惑メールの悪質化や技術の高度化を踏まえ、2005年の改正ではスパムメール送信の禁止や罰則が強化され、さらに2008年にはオプトイン方式による規制、外国から発信される迷惑メールへの対策が図られた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android