追諡(読み)ついし

精選版 日本国語大辞典「追諡」の解説

つい‐し【追諡】

〘名〙 死後におくりなを贈ること。また、そのおくりな。
※東宝記(1352)一「依鐘鋳賞請願行房、贈宗灯和尚号云々」 〔晉書‐職官志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「追諡」の解説

つい‐し【追×諡】

[名](スル)死後におくりなを贈ること。また、そのおくりな。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「追諡」の解説

【追諡】ついし

おくりなを贈る。〔漢書、平帝紀〕(元始元年六月)孔子の後孔均を襃侯(はうせいこう)と爲し、を奉ぜしむ。孔子に諡して、襃宣尼と曰ふ。

字通「追」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android