コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

退縮 タイシュク

デジタル大辞泉の解説

たい‐しゅく【退縮】

[名](スル)
おそれて小さくなること。ひるむこと。畏縮(いしゅく)。
「セーベ人日に勢を得て、スパルタ人日々に―し」〈竜渓経国美談
成育した組織や器官などが、縮小すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいしゅく【退縮】

( 名 ) スル
ちぢみあがって引き下がること。 「危険を恐れ、常に逡巡-するは/真善美日本人 雪嶺
いったん発育した組織や臓器が、一定の時期を過ぎて小さくなり、または機能を減退すること。松果体・胸腺の思春期後の退化や、老人性の萎縮など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

退縮の関連キーワードウミウチワ(海産動物)チヂミトサカ(縮鶏冠)ブルース スターリング抗ミュラー管ホルモンベルテポルフィンモンガラカワハギホミニゼーションホモ・サピエンスミズウオダマシ胸腺リンパ体質上唇小帯短縮症トキソホルモン真善美日本人形態学的年齢サピエンス化コーカソイドラニビズマブ神経芽細胞腫加齢黄斑変性ウミイチゴ

退縮の関連情報