コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金史 キンシ

世界大百科事典 第2版の解説

きんし【金史 Jīn shǐ】

中国,金朝(1115‐1234)の歴史を記した正史。元の脱脱(トクト)らが勅命をうけて1343年(至正3)から翌年にかけて編纂した。全135巻,うち本紀19巻,志39巻,表4巻,列伝73巻,巻末には金国語解を付す。《金史》はもとになった資料がよかったことやそれまでに4回も編纂が企てられていたことから,短期間に完成されたにもかかわらず,そのできばえはよい。金朝建国の歴史を述べた第1巻の世紀は女真人が自力で編纂した《祖宗実録》にもとづいており,東北アジア研究上重要な記録である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きんし【金史】

中国、二十四史の一。金の歴史を記した書。一三五巻。元の脱脱(托克托トクト)らの撰。1344年に成立。本紀一九巻・志三九巻・表四巻・列伝七三巻。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金史の関連キーワード香取秀真(かとりほつま)デービッド デュバル元の時代(年表)アルタン・トブチアルタン・トプチ西域(せいいき)金(中国の王朝)キム・サリャン二十二史箚記恩賜賞受賞者二十二史考異香取 秀真モンゴル語猛安・謀克紀事本末体三上 次男掲けい斯香取秀真三上次男女真文字

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金史の関連情報