逆差別(読み)ぎゃくさべつ(英語表記)reverse discrimination

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆差別
ぎゃくさべつ
reverse discrimination

アメリカで差別是正のために導入されたアファーマティブ・アクションの結果として,多数派に属する有資格者の一部が不利益を受けてしまうこと。たとえば,女性を優先的に大学へ入学させた結果,入学試験でその女性よりも高得点であった男性が大学の定員枠からはずれて不合格になってしまう場合がある。連邦最高裁判所は 1978年以来,こうした逆差別を違法とする判決をくだしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の逆差別の言及

【アファーマティブ・アクション】より

…71年からは,地域の労働力の人種構成が企業などの雇用に反映するよう努力することが求められるようになった。
[逆差別という批判]
 少数民族や女性を何人採用せよという命令ではないので,これは厳密には割当て(クォータ)ではないのだが,白人男性からアファーマティブ・アクションは逆差別reverse discriminationであるという批判が強まっている。この制度は奴隷制を強いられた黒人への過去の差別に対する補償という意味合いが強く,差別を禁じた公民権法に違反するという批判が当初から一部にあった。…

※「逆差別」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逆差別の関連情報