コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆浸透

栄養・生化学辞典の解説

逆浸透

 半透膜を隔てて通常の浸透が行われるとき,溶媒が移る側へ大きな圧力をかけて,逆に溶媒を溶質の濃度の薄い側へ移動させること.海水の淡水化やジュースの濃縮に利用されている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の逆浸透の言及

【浸透】より

…塩溶液に水の浸透する力(浸透圧)に抗する以上の圧力を加えると,逆に水が塩溶液から膜を通って出ていく。これを逆浸透という。逆浸透によって海水などの塩溶液から淡水をつくることができる。…

※「逆浸透」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

逆浸透の関連キーワード淡水化プラント機能性高分子海水淡水化淡水化装置逆浸透法阿波製紙限外濾過逆浸透膜海洋資源下水処理濃度分極中空糸膜佐柳島浸透圧京の夢超純水RO膜RO脱塩

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逆浸透の関連情報