コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆遠近法 ギャクエンキンホウ

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐えんきんほう〔‐ヱンキンハフ〕【逆遠近法】

絵画の構図法で俯瞰(ふかん)図法の一。画面の奥に向かう線を末広がりに表したり、後方の物を前方の物より大きく描いたりする方法。東洋画にみられる。→遠近法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎゃくえんきんほう【逆遠近法】

自然な視覚とは逆に、後景の立体を前景の立体より大きく描いたり、画面の奥に向かって集中すべき線を逆に拡散したりする描き方。特に東洋画にみられる俯瞰ふかん図法の一。 → 遠近法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の逆遠近法の言及

【遠近法】より

…モノクロームの背景によって空間を否定した画面にも,人体や椅子の表現には空間と立体の認識が示されている。遠い物を大きく描く逆遠近法,意味上重要な個体を大きく描く不比例が特徴的にみられるが,これらもまた固有の空間知覚と比例感覚を示すもので,その本質は空間を見る視点が一つではなくいくつもあること,独自の階層的意味秩序に基づいて世界が構成されていることにある。ルネサンス期(15世紀)に再生した透視図法が,世界を〈外から〉見る視覚であったのとは対照的に,中世は世界を〈内部で〉見ていたと考えられる。…

※「逆遠近法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

逆遠近法の関連キーワード村上陽一郎吹抜屋台

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android