コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透翅蛾 スカシバガ

デジタル大辞泉の解説

すかしば‐が【透××蛾】

鱗翅(りんし)目スカシバガ科の昆虫の総称。小形ので、翅(はね)は細長く透明。昼間、花に集まり、形・飛び方などがハチに似る。幼虫は木の幹に食い入って虫こぶをつくる。ブドウスカシバ・コスカシバなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すかしばが【透翅蛾】

スカシバガ科のガの総称。はねは細く、鱗粉りんぷんが少ないため半透明となる。成虫は昼間飛ぶ。外形や習性がハチに似たものが多い。幼虫は木の枝・幹・根を食害する。ブドウスカシバ・セスジスカシバなど。スカシバ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報