(読み)ハチ

デジタル大辞泉の解説

はち【蜂】

膜翅(まくし)目のうち、アリを除く昆虫の総称。二対の膜質の(はね)をもち、後ろ翅は小さく、前翅の後縁にかぎで連結される。産卵管の変化した毒針をもつものもある。完全変態をする。木の枝や軒先地中などに巣を作り、花から蜜を集めたり他の昆虫を狩ったりする。社会生活を営むものでは、女王蜂雄蜂働き蜂などの階級があり、分業がみられる。ハナバチアシナガバチアナバチなど種類が非常に多い。 春》「一畠(はたけ)まんまと―に住まれけり/一茶
フサカサゴ科の海水魚。全長約10センチ。口が大きく、下あごに2本のひげをもつ。長い胸びれを外側に突き出して静かに泳ぐ。

ほう【蜂】[漢字項目]

常用漢字] [音]ホウ(漢) [訓]はち
〈ホウ〉昆虫の名。ハチ。「蜂窩(ほうか)蜂起養蜂
〈はち(ばち)〉「蜂蜜(はちみつ)熊蜂(くまばち)蜜蜂女王蜂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はち【蜂】

ハチ目のうちアリを除く昆虫の総称。世界で十数万種が知られている。一般に膜質の前ばねと後ろばねの四翅を持ち、体長は1ミリメートルに満たないものから70ミリメートルに達するものがある。生態的には社会性・孤独性・寄生性および植物食のものなどがあり、多様である。完全変態をする。雌は毒針を持つものが多い。 [季] 春。 -の尻ふは〱と針をさめけり /川端茅舎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蜂 (ハチ)

動物。膜翅目に属する昆虫の総称

蜂 (ハチ)

学名:Apistus carinatus
動物。フサカサゴ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はち【蜂】

〘名〙 ハチ(膜翅)目のうちアリ科を除いた昆虫の総称。アリと異なり、大部分は二対の膜質のはねをもつ。腹部の根元がくびれて細いが、下等な種類では円筒形。雌は腹端に産卵管をもち、多くは毒針となって敵や獲物を刺す。幼虫はうじ形またはあおむし形で、完全変態して成虫となる。体から分泌した蝋物質または木材などを材料として特有形の巣をつくる。社会生活を営むミツバチ・スズメバチ・アシナガバチのほか、ジガバチ・ヤドリバチ・ハバチ・ツチバチ・キバチなど種類は多く、日本には約四三〇〇種、世界に一〇万種以上が知られる。よく発達した本能をもち習性も変化に富む。《季・春》
※古事記(712)上「呉公(むかで)と蜂(はち)との室に入れたまひしを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蜂の関連情報