コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ハチ

3件 の用語解説(蜂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はち【蜂】

膜翅(まくし)目のうち、アリを除く昆虫の総称。二対の膜質の翅(はね)をもち、後ろ翅は小さく、前翅の後縁にかぎで連結される。産卵管の変化した毒針をもつものもある。完全変態をする。木の枝や軒先・地中などに巣を作り、花から蜜を集めたり他の昆虫を狩ったりする。社会生活を営むものでは、女王蜂雄蜂働き蜂などの階級があり、分業がみられる。ハナバチアシナガバチアナバチなど種類が非常に多い。 春》「一畠(はたけ)まんまと―に住まれけり/一茶
フサカサゴ科の海水魚。全長約10センチ。口が大きく、下あごに2本のひげをもつ。長い胸びれを外側に突き出して静かに泳ぐ。

ほう【蜂】[漢字項目]

常用漢字] [音]ホウ(漢) [訓]はち
〈ホウ〉昆虫の名。ハチ。「蜂窩(ほうか)蜂起養蜂
〈はち(ばち)〉「蜂蜜(はちみつ)熊蜂(くまばち)蜜蜂女王蜂

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はち【蜂】

ハチ目のうちアリを除く昆虫の総称。世界で十数万種が知られている。一般に膜質の前ばねと後ろばねの四翅を持ち、体長は1ミリメートルに満たないものから70ミリメートルに達するものがある。生態的には社会性・孤独性・寄生性および植物食のものなどがあり、多様である。完全変態をする。雌は毒針を持つものが多い。 [季] 春。 《 -の尻ふは〱と針をさめけり /川端茅舎 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蜂の関連キーワードカビ幕下都下軟膜山蟻飴蜂コア指数目の黒いうち筋漿ドロバチ(泥蜂)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蜂の関連情報