コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハチ

デジタル大辞泉の解説

はち【蜂】

膜翅(まくし)目のうち、アリを除く昆虫の総称。二対の膜質の翅(はね)をもち、後ろ翅は小さく、前翅の後縁にかぎで連結される。産卵管の変化した毒針をもつものもある。完全変態をする。木の枝や軒先・地中などに巣を作り、花から蜜を集めたり他の昆虫を狩ったりする。社会生活を営むものでは、女王蜂雄蜂働き蜂などの階級があり、分業がみられる。ハナバチアシナガバチアナバチなど種類が非常に多い。 春》「一畠(はたけ)まんまと―に住まれけり/一茶
フサカサゴ科海水魚。全長約10センチ。口が大きく、下あごに2本のひげをもつ。長い胸びれを外側に突き出して静かに泳ぐ。

ほう【蜂】[漢字項目]

常用漢字] [音]ホウ(漢) [訓]はち
〈ホウ〉昆虫の名。ハチ。「蜂窩(ほうか)蜂起養蜂
〈はち(ばち)〉「蜂蜜(はちみつ)熊蜂(くまばち)蜜蜂女王蜂

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はち【蜂】

ハチ目のうちアリを除く昆虫の総称。世界で十数万種が知られている。一般に膜質の前ばねと後ろばねの四翅を持ち、体長は1ミリメートルに満たないものから70ミリメートルに達するものがある。生態的には社会性・孤独性・寄生性および植物食のものなどがあり、多様である。完全変態をする。雌は毒針を持つものが多い。 [季] 春。 《 -の尻ふは〱と針をさめけり /川端茅舎 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蜂 (ハチ)

動物。膜翅目に属する昆虫の総称

蜂 (ハチ)

学名:Apistus carinatus
動物。フサカサゴ科の海水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

蜂の関連キーワード宮崎県日南市北郷町郷之原鹿の角を蜂が刺す弱り目に祟り目英一蜂(2代)ニュフンワンアビスパ福岡ヴォンフォン泣き面に蜂蜂の子料理ファーブル岩田久二雄爵禄封侯虫刺され久世敦行燻り出す深根輔仁川端茅舎ハニカム紛はし蜂の頭

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蜂の関連情報