コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

が【×蛾】

鱗翅(りんし)目の昆虫のうち、チョウ類を除いたものの総称。主に、夜間活動し、胴が太く地味な色で、触角は糸状・羽毛状・くしの歯状などをし、静止するときにチョウのように翅(はね)を立てないものをいう。幼虫は毛虫芋虫が多く、さなぎになるときにを作るものが多い。日本には約5000種が分布。カイコガハマキガドクガスズメガヤガシャクガヒトリガなど。 夏》

が【蛾】[漢字項目]

[音]ガ(呉)(漢) [訓]ひむし
昆虫の名。ガの総称。「蛾眉(がび)穀蛾灯蛾毒蛾誘蛾灯

ひいる〔ひひる〕【×蛾】

蛾(が)の古称。特に、蚕(かいこ)の蛾をいう。
「愚人の貪(ふけ)る所は、―の火に投(い)るが如し」〈霊異記・下〉

ひ‐むし【×蛾】

蚕のさなぎ。また、その羽化したもの。ひひるむし。
夏虫の―の衣二重着て隠(かく)み宿りはあに良くもあらず」〈仁徳紀・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

が【蛾】

チョウ目の昆虫のうちチョウでないものの総称。一般に触角が櫛くしの歯状で、腹部が太い。多くは静止時にはねを開き、夜間に飛ぶ種が多い。幼虫はイモムシ・ケムシで、農作物や樹木の葉を食害するものが多い。完全変態をする。カイコ・ミノガ・シャクガなど日本では約5000種が知られる。

ひいる【蛾】

の総称。特に、カイコが羽化した蛾をいう。 「越前の国の司、白き-献る/日本書紀 持統訓

ひひる【蛾】

ひむし【蛾】

。特に、蚕の蛾。 「 -羽の衣だに着ずに/万葉集 3336

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蛾 (ガ)

動物。チョウ目に属する昆虫で,チョウ以外のものの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蛾の関連キーワードラヴェル:鏡/piano solo男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日男はつらいよ 寅次郎頑張れ!やくざと抗争 実録安藤組ポンコツロボット太平記吹けば飛ぶよな男だがジャンピングビーン突然、嵐のように喜劇 一発大必勝アメリカ白灯蛾アケビコノハスペースモス雌雄軒一集与那国蚕蛾イネヨトウ雌雄軒蓬山佐藤蛾次郎アワヨトウ夕斑枝尺蠖ドラゴリー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蛾の関連情報