(読み)が

精選版 日本国語大辞典「蛾」の解説

が【蛾】

〘名〙 チョウ(鱗翅)目の昆虫のうち、チョウ類を除いたものの総称。形、大きさなどチョウによく似ているが、ふつう体が太く、鱗片が密生し、はねは比較的狭く、一部のものを除き、はねを広げたまま止まり、夜間に活動するなどの点で区別される。色は一般に地味で、触角はくし状、羽毛状、葉状などある。卵、幼虫、さなぎ、成虫と完全変態し、幼虫はイモムシかケムシ形。カイコによる生糸、ヤママユガによる天蚕糸(てぐす)の生産など益虫もいるが、作物の葉を食害するものが多い。メイガ、シャクガ、ドクガ、ミノガなど日本では約五〇〇〇種が知られる。《季・夏》 〔八雲御抄(1242頃)〕
※太平記(14C後)二「蛾(ガ)と云ふ虫のあまた明障子(あかりしゃうじ)に取り付きたるを」 〔黄庭堅‐渓上吟〕

ひいる ひひる【蛾】

〘名〙 昆虫の蛾(が)の古称。後には多く、(さなぎ)の羽化した、蚕蛾(かいこが)をいう。
書紀(720)持統六年九月(北野本南北朝期)「越前(こしのさき)の国(くに)の司(みこともち)、白蛾(ヒヒル)献れり」

ひひる【蛾】

〘名〙 ⇒ひいる(蛾)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蛾」の解説

が【×蛾】

鱗翅りんし目の昆虫のうち、チョウ類を除いたものの総称。主に、夜間活動し、胴が太く地味な色で、触角は糸状・羽毛状・くしの歯状などをし、静止するときにチョウのようにはねを立てないものをいう。幼虫は毛虫芋虫が多く、さなぎになるときにを作るものが多い。日本には約5000種が分布。カイコガハマキガドクガスズメガヤガシャクガヒトリガなど。 夏》

ひ‐むし【×蛾】

蚕のさなぎ。また、その羽化したもの。ひひるむし。
「夏虫の―の衣二重着てかくみ宿りはあに良くもあらず」〈仁徳紀・歌謡〉

ひいる〔ひひる〕【×蛾】

の古称。特に、かいこの蛾をいう。
「愚人のふける所は、―の火にるが如し」〈霊異記・下〉

が【蛾】[漢字項目]

[音]ガ(呉)(漢) [訓]ひむし
昆虫の名。ガの総称。「蛾眉がび穀蛾灯蛾毒蛾誘蛾灯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「蛾」の解説

蛾 (ガ)

動物。チョウ目に属する昆虫で,チョウ以外のものの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android