コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ガ

8件 の用語解説(蛾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

が【×蛾】

鱗翅(りんし)目の昆虫のうち、チョウ類を除いたものの総称。主に、夜間活動し、胴が太く地味な色で、触角は糸状・羽毛状・くしの歯状などをし、静止するときにチョウのように翅(はね)を立てないものをいう。幼虫は毛虫芋虫が多く、さなぎになるときにを作るものが多い。日本には約5000種が分布。カイコガハマキガドクガスズメガヤガシャクガヒトリガなど。 夏》

が【蛾】[漢字項目]

[音]ガ(呉)(漢) [訓]ひむし
昆虫の名。ガの総称。「蛾眉(がび)穀蛾灯蛾毒蛾誘蛾灯

ひいる〔ひひる〕【×蛾】

蛾(が)の古称。特に、蚕(かいこ)の蛾をいう。
「愚人の貪(ふけ)る所は、―の火に投(い)るが如し」〈霊異記・下〉

ひ‐むし【×蛾】

蚕のさなぎ。また、その羽化したもの。ひひるむし。
「夏虫の―の衣二重着て隠(かく)み宿りはあに良くもあらず」〈仁徳紀・歌謡〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

が【蛾】

チョウ目の昆虫のうちチョウでないものの総称。一般に触角が櫛くしの歯状で、腹部が太い。多くは静止時にはねを開き、夜間に飛ぶ種が多い。幼虫はイモムシ・ケムシで、農作物や樹木の葉を食害するものが多い。完全変態をする。カイコ・ミノガ・シャクガなど日本では約5000種が知られる。

ひいる【蛾】

の総称。特に、カイコが羽化した蛾をいう。 「越前の国の司、白き-献る/日本書紀 持統訓

ひひる【蛾】

ひむし【蛾】

。特に、蚕の蛾。 「 -羽の衣だに着ずに/万葉集 3336

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蛾の関連キーワード木の間蝶蛇の目蝶白蝶豹紋蝶斑蝶椿象小灰蝶蛺蝶ヒョウモンチョウ(豹紋蝶)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蛾の関連情報