コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虫癭 ちゅうえい gall

翻訳|gall

3件 の用語解説(虫癭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虫癭
ちゅうえい
gall

虫こぶともいう。植物の根,茎,葉の各部の組織内に,昆虫などが産卵したり寄生したために,その組織が異常に発育して瘤状になる現象。茎葉ではハチ類,ハエ類,アブラムシなどによる場合が多く,根や地下茎では線虫 (ネマトーダ) などによる場合が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐えい【虫×癭】

昆虫やダニが植物に産卵・寄生して分泌物を出した結果、植物組織が異常発育してできるこぶ状のもの。五倍子(ふし)没食子(もっしょくし)など有用なものもある。むしこぶ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうえい【虫癭】

昆虫・ダニなどの寄生や産卵による刺激によって、植物の組織が異常に発育したもの。形は球状・耳たぶ状など。クリタマバチによる虫癭のように樹木に有害なものもあるが、没食子もつしよくし・五倍子(付子ふし)のようにタンニンの原料となるものもある。虫こぶ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の虫癭の言及

【エゴノネコアシアブラムシ】より

…半翅目アブラムシ科の昆虫。エゴノキに寄生して虫癭(ちゆうえい)をつくるアブラムシの1種。日本,中国から東南アジアに分布する。…

【虫こぶ】より

…動物が植物に寄生,共生し産卵した結果,植物体の一部が,こぶ状に発育したもの。虫癭(ちゆうえい)ともいう。虫こぶを作る動物は99%が昆虫で,ほかにダニ,クモ,糸状虫がある。…

※「虫癭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

虫癭の関連キーワード無翅昆虫有翅昆虫有用昆虫受粉昆虫カクムネヒラタムシ広食性昆虫単食性昆虫胎内昆虫の家素木得一矢野宗幹

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone