コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逐次近似法 ちくじきんじほうsuccessive approximation

世界大百科事典 第2版の解説

ちくじきんじほう【逐次近似法 successive approximation】

方程式を解くに当たって,最初一つの近似解を推定し,次にこの近似解を用いてさらに精度のよい近似解を求め,逐次この操作を繰り返して近似の精度を高める方法を逐次近似法という。この操作を無限に繰り返したとき近似解が一つの極限に収束するならば,それは実際の解になる。したがってこの方法を用いて解の存在を証明することができるし,また数値解法の手段としても利用できる。 常微分方程式x′=f(t,x)において,taxbとなる解をx(t)とすれば,これは積分方程式,を満足する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

逐次近似法
ちくじきんじほう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

逐次近似法の関連キーワードピカール(Émile Picard)差分方程式積分方程式ピカール摂動論誤差

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android