コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通峡阻止 つうきょうそし

1件 の用語解説(通峡阻止の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つうきょうそし【通峡阻止】

敵の水上艦船および潜水艦の通過が予想される海峡または水道において,軍事力をもってそれら艦船の通過を阻止することで,沿岸防衛における海上封鎖の一分野である。通峡阻止には,通常,水上艦艇,航空機,潜水艦等の可動兵力とレーダー,水中探知機および機雷等の固定兵器を,海峡地域の特徴と彼我の状況等を勘案して組み合わせ,縦深的に配備する。海峡外域に配置する艦艇,航空機等は沿岸防衛のための兵力を兼ねるのが通例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone