コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沿岸防衛 えんがんぼうえいcoast defence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沿岸防衛
えんがんぼうえい
coast defence

海上あるいは河川からの敵の侵入に対して沿岸を防衛すること。歴史を通じて,沿岸防衛は軍隊の重要な使命であった。特にローマ帝国は沿岸に要塞を構築したことで有名である。第2次世界大戦までの沿岸防衛は,あらかじめ構築した要塞施設,トーチカなどを中心とする陣地を主体とした。第2次世界大戦中,ヨーロッパや太平洋の島々で,ドイツ軍や日本軍は堅固な沿岸防衛陣地を構築した。また沿岸防衛には,固定陣地を守らず,敵が上陸,あるいは降下した地点に機動的に集中し,撃滅する方法もある。今日では,第2次世界大戦の戦訓と,兵器の発達によって,各国とも要塞施設を造らないようになった。沿岸の防衛に最も大きな影響のあるのは,制空,制海の問題である。 (→ヨーロッパ大要塞 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんがんぼうえい【沿岸防衛】

沿岸海域に侵攻する敵の作戦兵力を撃破してその活動を封殺するとともに,沿岸の重要地域に対する襲撃や隠密侵入等に対し,領土周辺,一定範囲の海域を防衛することをいう。一般に港湾,海峡の防備と,沿岸海域の防備に大別される。港湾防備は重要な海上作戦基地と港湾における船舶の安全,港湾機能の維持を目標とし,海峡防備は自国船舶の通航の安全確保とともに,敵艦船の通峡阻止を目標とする。沿岸海域の防備は,周辺海域における海上交通路と漁業の保護ならびに離島防衛を目標とするほか,国土に近接する敵の早期発見と阻止撃退を目標とし,その範囲は地域の特性と情勢によって決められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沿岸防衛の関連キーワードミサイル高速艇シルクワーム特殊潜航艇第二列島線魚雷艇母艦第一列島線伊木三猿斎黄綬褒章決号作戦海防艦哨戒艇

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沿岸防衛の関連情報