コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通性 ツウセイ

大辞林 第三版の解説

つうせい【通性】

一般にまたは同類のものに共通してみられる性質。 「日本人の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

通性の関連キーワードブドウ球菌(葡萄球菌)頭部外傷のいろいろブドウ(葡萄)球菌フラボバクテリウムダイミョウセセリチャマダラセセリ通性嫌気性細菌偏性嫌気性細菌マイコプラズマパスツーレラサルモネラ菌腸炎ビブリオ好アルカリ菌レンサ球菌好気性細菌嫌気性生物連鎖球菌団粒構造腹部外傷腸内細菌

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android