有性(読み)ウショウ

デジタル大辞泉の解説

う‐しょう〔‐シヤウ〕【有性】

仏語。
あること。存在すること。
悟りを開く素質のあるもの。仏性を持っているもの。⇔無性

ゆう‐せい〔イウ‐〕【有性】

生物で、雌雄区別があること。⇔無性

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うしょう【有性】

〘仏〙
存在。存在していること。
仏となる性質をもっていること。仏としての性質を秘めていること。有仏性。 ⇔ 無性

ゆうせい【有性】

雌雄の性の区別があること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

う‐しょう ‥シャウ【有性】

〘名〙 仏語。声聞(しょうもん)、縁覚(えんがく)、菩薩など、それぞれの悟りを開く本性、素質。また、それを有するもの。種性。⇔無性(むしょう)
※大乗法相研神章(822頃)四「大乗基師、立比量云。所説無性、決定是有(宗)。有無二性、聖所説随一摂故(因)。如有性者(喩)」 〔円覚経略疏註‐下・一〕

ゆう‐せい イウ‥【有性】

〘名〙 雌雄の区別のあること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有性の関連情報