コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通貨性預貯金 つうかせいよちょきん demand deposits

1件 の用語解説(通貨性預貯金の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

通貨性預貯金

預金と貯金は、預金は銀行や信用金庫など、貯金は郵便局や農協などで扱うものに用いることが一般的。預貯金の種類は、預入期間の設定の有無により大別できる。期間を設定せず、自由に出し入れ可能なものは通貨性(流動性)預貯金、預入期間の設定があるものは定期性預貯金。前者には、普通預金貯蓄預金当座預金通知預金通常貯金など、後者には、スーパー定期、期日指定定期、積立定期預金定額貯金積立貯金などがある。各商品の特徴をふまえ、生活設計に応じた預貯金の選択が不可欠

(重川純子 埼玉大学助教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通貨性預貯金の関連キーワード信用金庫信用創造定期預金預金銀行預金コスト預金証書預貯金マネタリーサーベイ(Monetary survey)あおもり信用金庫にいかわ信用金庫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

通貨性預貯金の関連情報