コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通関士 つうかんしcustoms advisor

3件 の用語解説(通関士の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

通関士

通関業務に関する専門的知識、経験を有するスペシャリストのことで、財務省認定の貿易関連唯一の国家資格でもある。輸出入貨物の通関手続きは専門的な知識を必要とするため、専門家に依頼する方が効率的な場合が多い。この手続きを輸出入者に代行する仕事を通関業という。通関士は税関書類の審査など、通関業者のもとで通関業務に従事する。近年、国家試験の人気も高く、女性の資格取得者も増えている。

(永田雅啓 埼玉大学教授 / 松尾寛 (株)三井物産戦略研究所副所長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

通関士【つうかんし】

輸出入の通関業務を貿易業者の委託を受けて代行する専門職のこと。国家試験に合格することが必要で,試験科目には,(1)関税法関税定率法,その他関税に関する法律,外国為替及び外国貿易法,(2)通関書類の作成要領,その他通関手続きの業務,(3)通関業法,がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通関士
つうかんし

通関業者」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

通関士の関連情報