コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

速乾性インキ そっかんせいインキ high speed drying ink

1件 の用語解説(速乾性インキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そっかんせいインキ【速乾性インキ high speed drying ink】

印刷直後,きわめて短い時間で乾燥するインキに対する総称。ただし溶剤蒸発による乾燥を利用したものは含めないのが通例である。1970年代に,アクリル基などの反応を利用した,数秒以内で完全に硬化する紫外線硬化型インキが実用化され,速乾性インキが現実のものになった。しかし,紫外線硬化型インキは,紫外線のもつエネルギーだけでは重合を起こすことができず,多量の反応開始剤や増感剤を併用するため,高価になるばかりでなく,これらの非反応物質がそのまま乾燥したインキ皮膜中に残存する欠点がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

速乾性インキの関連キーワードピコ瞬間刹那倏忽寸話石火の光電光石火分陰弾指の間乾燥器(機)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone