コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

速水行道 はやみ ゆきみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

速水行道 はやみ-ゆきみち

1822-1896 幕末-明治時代の武士,国学者。
文政5年9月6日生まれ。美濃(みの)(岐阜県)八幡(はちまん)藩士戊辰(ぼしん)戦争では藩の佐幕派の凌霜隊参謀となり,会津(あいづ)藩とともにたたかう。明治6年岐阜伊奈波神社神職,のち宮内省などにつとめた。明治29年10月6日死去。75歳。通称は小三郎,正雄。号は荻の家,八千種園主人。著作に「皇統正閏考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

速水行道 (はやみゆきみち)

生年月日:1822年9月6日
江戸時代末期の国学者;美濃八幡藩士
1896年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

速水行道の関連キーワード生年月日明治時代国学者武士幕末

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android