コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連合・聯合(読み)れんごう

大辞林 第三版の解説

れんごう【連合・聯合】

( 名 ) スル
二つ以上のものが組み合わさって一つのグループになること。 「 -して関ケ原の戦を起せしも/日本開化小史 卯吉
〘心〙 〔association〕 感覚面・感情面・思考面におけるさまざまの心的要素が、お互いに結びつくこと。観念連合。 → 連想
「日本労働組合総連合会」の略称。1987年(昭和62)に民間主要単産を中心として発足した全日本民間労働組合連合会(この組織も「連合」と略称)に、89年官公労組が加わって発足した日本最大のナショナル-センター。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android