連合党・農業同盟[エストニア](読み)れんごうとう・のうぎょうどうめい[エストニア](英語表記)Koonderakonnaja Maarahva Ühendus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連合党・農業同盟[エストニア]
れんごうとう・のうぎょうどうめい[エストニア]
Koonderakonnaja Maarahva Ühendus

エストニアの政党連合。 1995年3月の総選挙に際しエストニア連合党とエストニア農業同盟が政策協力を組んで結成。農業への公的助成,社会保障の促進を選挙公約に掲げて戦い,32.2%の得票で第1党につき,ビャヒ連合党代表を首相とする連合党,農業同盟,中央党による中道左派連立内閣を樹立した。しかし 97年2月,ビャヒ首相が国有地払下げにからむスキャンダルで辞任し,3月には代って連合党の党首に就任したマルト・シーマンが首相に選出され,新内閣が発足した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android