コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連投 レントウ

デジタル大辞泉の解説

れん‐とう【連投】

[名](スル)野球で、一人の投手が2試合以上に続けて登板すること。「準決勝、決勝を連投する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れんとう【連投】

( 名 ) スル
野球で、同じ投手が二試合以上続けて登板すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

連投の関連キーワード練・鍊・廉・恋・憐・戀・攣・斂・煉・練・聯・蓮・連・錬知的所有権の貿易関連の側面に関する協定福岡ソフトバンクホークスアイルランド(共和国)三浦投手の連投の経緯埼玉西武ライオンズスーパー301条安楽の772球アグリビジネス世界貿易機関経営安定基金概算要求基準貿易委員会阿波野秀幸鶴岡一人食料産業平成景気稲尾和久TRIM伊達正男

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連投の関連情報