有馬頼義(読み)ありまよりちか

  • 1918―1980
  • 有馬頼義 ありま-よりちか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1918.2.14. 東京
[没]1980.4.15. 東京
小説家。旧久留米藩主の伯爵有馬家に生れ,学習院初等科を経て成蹊高等学校,早稲田第一高等学院に学んだが,いずれも中退。父頼寧 (よりやす) は戦犯容疑者として収監されたこともある。短編集『終身未決囚』 (1954) で直木賞を受賞。血統その他の理由で疎外された人間を好んで取上げる一方,『四万人の目撃者』 (58) ,『リスとアメリカ人』 (59) などを書いて松本清張とともに推理小説興隆のにない手となった。ほかに『失脚』 (58) ,『葉山一色海岸』 (59) ,『遺書配達人』 (60) などがある。また『東京空襲戦災誌-都民の空襲体験記録集-』 (73) をまとめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1918-1980 昭和時代の小説家。
大正7年2月14日生まれ。有馬頼寧(よりやす)の3男。20歳で短編集「崩壊」を出版後,満州(中国東北部)で3年間軍隊生活。昭和29年「終身未決囚」で直木賞,成蹊大野球部監督の経験をいかした「四万人の目撃者」で34年日本探偵作家クラブ賞。39年の「貴三郎一代」は大映で「兵隊やくざ」と題して映画化され,ヒットシリーズになった。昭和55年4月15日死去。62歳。東京出身。早稲田第一高等学院中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小説家。伯爵有馬頼寧(よりやす)の三男として東京に生まれる。第一早稲田(わせだ)高等学院中退。在学中に小説集『崩壊』(1937)を刊行。1940年(昭和15)入隊、満州(中国東北)に派遣される。除隊後は同盟通信社記者となる。1954年『終身未決囚』で直木賞を受賞。その後『四万人の目撃者』(1958)などで、松本清張と並んで戦後の推理小説ブームの一翼を担う。ほかに、疎外された人間の運命を暗い色調で描いた『失脚』(1958)、『葉山一色海岸』(1959)、『遺書配達人』(1960)などがある。[千葉俊二]
『平野謙著『有馬頼義』(『平野謙全集9』所収・1975・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の有馬頼義の言及

【有馬頼寧】より

…有馬記念競馬はその功績を記念したもの。作家有馬頼義(よりちか)(1918‐80)は三男。【森 武麿】。…

※「有馬頼義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有馬頼義の関連情報