コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連結会計制度 れんけつかいけいせいど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

連結会計制度

子会社や関連会社など、資本的および、実質的に支配従属関係にある法的に独立した複数の会社からなる企業グループを、単一の組織体とみなして財務諸表を作成する会計制度のこと。証券取引法により求められる会計制度であったが、2000年の商法特例法の改正により、商法上も大会社に対して連結計算書類「連結財務諸表」の提出が義務化された。これにより事業や製品構成、地域ごとのセグメント情報キャッシュフローなども公開され、グループ全体での事業を把握できるうえ、投資家らにとってもより透明性の高い情報公開が実現されると歓迎されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

連結会計制度の関連キーワード単体会計連結会計子会社

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android