コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連結会計制度 れんけつかいけいせいど

1件 の用語解説(連結会計制度の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

連結会計制度

子会社や関連会社など、資本的および、実質的に支配従属関係にある法的に独立した複数の会社からなる企業グループを、単一の組織体とみなして財務諸表を作成する会計制度のこと。証券取引法により求められる会計制度であったが、2000年の商法特例法の改正により、商法上も大会社に対して連結計算書類連結財務諸表」の提出が義務化された。これにより事業や製品構成、地域ごとのセグメント情報、キャッシュフローなども公開され、グループ全体での事業を把握できるうえ、投資家らにとってもより透明性の高い情報公開が実現されると歓迎されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連結会計制度の関連キーワード関連会社持分法従属会社持分法適用会社影響力基準特別利害関係者等非連結子会社連結の範囲

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone