コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連続音波探査 れんぞくおんぱたんさ seismic profiler

1件 の用語解説(連続音波探査の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連続音波探査
れんぞくおんぱたんさ
seismic profiler

航行中の船から発した音波の反射を複数のハイドロフォンで連続的に受信し,海底下の堆積物の断面構造を調べる方法のこと。音源としては圧縮空気を海中で破裂させるエアガンや,真空にした筒のなかに海水を吸込ませて音を出すウォーターガンなどが用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連続音波探査の関連キーワード音響測定艦マルチチャンネル連続音波探査超音波探傷器停船波浪神舷灯SONAR標識灯無条件刺激音波ログ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone