コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連続音波探査 れんぞくおんぱたんさseismic profiler

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連続音波探査
れんぞくおんぱたんさ
seismic profiler

航行中の船から発した音波反射を複数のハイドロフォンで連続的に受信し,海底下の堆積物の断面構造を調べる方法のこと。音源としては圧縮空気海中で破裂させるエアガンや,真空にした筒のなかに海水を吸込ませて音を出すウォーターガンなどが用いられる。おもに海底の石油胚胎層の探査のために開発されたが,解析方法の改善により最近ではモホ面近くの構造まで検知できるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

連続音波探査の関連キーワードメタンハイドレート

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android