コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進化速度 しんかそくどrate of evolution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

進化速度
しんかそくど
rate of evolution

生物群や生物のある器官が,進化の過程で示す形質形態の変化速度として考えられたもの。変化の基準単位,時間の基準単位の設定が曖昧で,生物界での比較は困難という説もあったが,G. G.シンプソンらによって,遺伝,形態,分類,群などに一定の基準を立てる方式が提案された (1949,55) 。新種とか新属の出現数ではかった速度は,生物の群により,また時期により大幅に異なる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

進化速度の関連キーワードシンプソン(George Gaylord Simpson)進化の二十四法則赤の女王仮説イノセラムス厚歯二枚貝大型有孔虫標準化石地質時代相対年代分子進化分子時計紡錘虫地史

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

進化速度の関連情報