コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進奏院 しんそういんjin-cou-yuan; chin-tsou-yüan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

進奏院
しんそういん
jin-cou-yuan; chin-tsou-yüan

中国,唐・宋時代に地方の藩鎮や州が首都に設置した機関。邸とも呼ばれ,地方からの報告,上奏や貢献物を取次ぐとともに,中央の命令や指示の伝達にあたった。他方,情報の収集や,地方物産を首都で交易して利潤をはかる商行為も行なった。このことから邸報,邸鈔と呼ばれる官報送金手形 (→飛銭 ) が発達した。北宋で帝権が強化されると都進奏院がおかれ,政府の統制下の連絡機関となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

進奏院の関連キーワード会館

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android