コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邸報 ていほうdi-bao; ti-pao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

邸報
ていほう
di-bao; ti-pao

中国,唐代に始る一種の官報。中央政府の布告や動静を抄録し,首都から地方官庁に伝達した。宋代になると都逓奏院から公式に出されるようになり,明代では提塘官が取扱ったので塘報と呼ばれた。清代では一般に京報と呼ばれるようになり,清末の光緒 33 (1907) 年からは政治官報,宣統3 (11) 年からは内閣官報として刊行されたが,辛亥革命後に廃刊。なお清代でも俗称として邸報,邸抄,京抄などと呼ばれており,外国人にはペキン・ガゼットと呼ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の邸報の言及

【官報】より

… 《官報》に類する外国の政府広報媒体で最古のものは,ローマ時代カエサルが創始した《アクタ・ディウルナ》で,政府公示事項などを白い板に書いた掲示板状のものであった。次に古いのは唐代前期に生まれた中国の《邸報》で,首都駐在の地方諸侯連絡事務所を通じ,国王の詔勅,法令,人事などを伝達した媒体である。初期は筆写版,のちには印刷され,宋・元・明・清代にも存続,《邸鈔》《朝報》《京報(けいほう)》などとも呼ばれたという。…

【京報】より

…中国,清代の半官半民の官報。中国では漢代にすでに官報の類があったようだが,確認できるものとしては唐代の邸報に始まる。唐代,節度使は中央との連絡のため,長安におのおのの邸宅を置いたが,そこから出されたので邸報という。…

※「邸報」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

邸報の関連情報