コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道の中 ミチノナカ

デジタル大辞泉の解説

みち‐の‐なか【道の中】

昔、都から下る道中の地方を三つに分けたときの、中ほどにある地方。→道の口道の後(しり)
「―(=越中国)国つみ神は旅行きもし知らぬ君を恵みたまはな」〈・三九三〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みちのなか【道の中】

昔、京都から下る道筋の国を遠近によって分けた場合、中ほどにある国。例えば越こしの国のうち、越中を「越の道の中」という。 → 道の口道の後しり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

道の中の関連キーワードジョン・リビングス ローズナガキクイムシ(長木喰虫)北海道胆振〈総合振興局〉centre pole暑寒別天売焼尻国定公園escort zoneピョンソン(平城)市ハタゴイソギンチャク北海道石狩〈振興局〉キクイムシ(昆虫)アープルドールン耳あか(耳垢)チェンストホバタマシキゴカイ道の後・道の尻デブレツェン外耳道閉鎖症ドルトレヒト岡山[県]焼け止まる

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道の中の関連情報