コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道の口 ミチノクチ

デジタル大辞泉の解説

みち‐の‐くち【道の口】

昔、から下る道中の地方を二つまたは三つに分けたときの、最も都に近い地方。→道の後(しり)道の中
「播磨(はりま)を―として」〈・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みちのくち【道の口】

昔、京都から下る道筋の国を遠近によって二つまたは三つに分けた場合、最も近い方にある国。例えば越こしの国のうち、越前を「越の道の口」という。 → 道の中道の後しり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

道の口の関連キーワード道の後・道の尻マンホール玉木正英道の後武生国府遠近

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道の口の関連情報