コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道を聞くこと百にして己に若く者莫しと為す ミチヲキクコトヒャクニシテオノレニシクモノナシトナス

デジタル大辞泉の解説

道(みち)を聞(き)くこと百(ひゃく)にして己(おのれ)に若(し)く者(もの)莫(な)しと為(な)す

《「荘子秋水から》道をわずか百ばかり聞いただけで、天下に自分以上の者はないと思い上がる。うぬぼれのはなはだしいことのたとえ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android