コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道了薩埵 ドウリョウサッタ

デジタル大辞泉の解説

どうりょう‐さった〔ダウレウ‐〕【道了薩埵】

室町時代の曹洞宗の僧。字(あざな)は妙覚。相模最乗寺守護神。同寺開山了庵慧明の弟子で、同寺の守護を誓って天狗となり、昇天したと伝えられる。生没年未詳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どうりょうさった【道了薩埵】

室町期の曹洞宗の僧。出生は不明。師の了庵慧明を助けて相模最乗寺を創建。神通力をもち、仏法を守護すべしとして天狗となったという伝説から、後世、広く信仰を集めた。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の道了薩埵の言及

【最乗寺】より

…当初は独住制であったが,1456年(康正2)から1874年(明治7)までは住持が1年ごとに交替する輪住制(りんじゆうせい)が採られ,関東曹洞宗発展の中心寺院であった。道了薩埵(さつた)は現在も広い信仰を集め,1,5,9月の27,28日には,大祭が催される。境内は古くから樹木が繁茂していることで著名である。…

※「道了薩埵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

道了薩埵の関連キーワード室町時代神通力仏法

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android