コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

了庵慧明 りょうあん えみょう

2件 の用語解説(了庵慧明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

了庵慧明 りょうあん-えみょう

1337-1411 南北朝-室町時代の僧。
建武(けんむ)4=延元2年生まれ。曹洞(そうとう)宗。不聞契聞(ふもん-かいもん)について出家し,通幻寂霊の法をつぐ。応永元年相模(さがみ)(神奈川県)最乗寺をひらいた。応永18年3月27日死去。75歳。相模出身。俗姓は藤原。著作に「宏智小参鈔」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

了庵慧明

没年:応永18.3.27(1411.4.20)
生年:建武4/延元2(1337)
南北朝・室町時代曹洞宗の僧。日本曹洞宗最大の門流,了庵派の派祖。相模大住郡糟谷荘(神奈川県伊勢原市)の人。俗姓は藤原氏。初め臨済宗に学び,諸国行脚ののち,丹波(兵庫県)永沢寺の通幻寂霊の弟子となり,曹洞宗に改宗。通幻のあとを嗣いで総持寺,永沢寺などの住職となり,応永1(1394)年,箱根明神岳の東麓に最乗寺(山号は大雄山)を開く。了庵の弟子の道了が天狗に化身してこの寺を護っているといわれ,禅の修行道場であると同時に,天狗信仰の祈祷寺院として今日にまで至っている。<著作>『峨山和尚行実』『天童小参抄点破』<参考文献>最乗寺編『大雄山誌』,松田文雄『大雄山と御開山さま』

(熊本英人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の了庵慧明の言及

【最乗寺】より

…神奈川県南足柄市にある曹洞宗の寺。山号は大雄山(だいゆうざん)。了菴慧明(りようあんえみよう)が1394年(応永1)に創建したと伝える。その際,弟子の道了が助力し,のちに天狗となって守護神となったという。当初は独住制であったが,1456年(康正2)から1874年(明治7)までは住持が1年ごとに交替する輪住制(りんじゆうせい)が採られ,関東曹洞宗発展の中心寺院であった。道了薩埵(さつた)は現在も広い信仰を集め,1,5,9月の27,28日には,大祭が催される。…

【通幻寂霊】より

…南北朝期の曹洞宗の僧。豊後(大分県)の生れ。はじめ臨済宗の聖一派に属する定山祖禅に師事したが,1340年(興国1∥暦応3)加賀の大乗寺に行き曹洞宗の明峰素哲に参じ,52年(正平7∥文和1)には能登の総持寺に赴き峨山韶碩(がさんじようせき)のもとで修行し,その法を継いだ。68年(正平23∥応安1)総持寺の住持となり,同寺では82年(弘和2∥永徳2),88年(元中5∥嘉慶2)の3度に及び住持をつとめている。…

※「了庵慧明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

了庵慧明の関連キーワード釈鼇仙玉山全英凸巌養益越溪休覚曹洞宗洞山良价曹洞道了薩埵大中寺曹洞宗の大本山