妙覚(読み)ミョウカク

デジタル大辞泉の解説

みょう‐かく〔メウ‐〕【妙覚】

《「みょうがく」とも》仏語。
真の悟り。仏の無上の悟り。
菩薩(ぼさつ)の修行最後の位。菩薩の五十二位・四十二地の最上の位。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みょうかく【妙覚】

〔「みょうがく」とも〕
仏の無上の悟り。真の悟り。
五十二位説・四十二位説などによる菩薩の階位における最高位。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みょう‐かく メウ‥【妙覚】

〘名〙 (「みょうがく」とも) 仏語。
① 仏の究極のさとり。天台宗などでは、菩薩の五十二位の最後の位とする。
※歩船鈔(1362)本「薄地の凡夫より妙覚の極位にいたるまで」
② 仏の真の悟り。無上の悟り。無上の正覚。仏果。
※願文(785)「法界衆生、同登妙覚
※真如観(鎌倉初)「大日釈迦等の妙覚(メウガク)究竟の如来」 〔梁簡文帝‐上・大法頌表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android