コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道了権現 どうりょうごんげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道了権現
どうりょうごんげん

神奈川県南足柄市大雄町にある曹洞宗大雄山最乗寺の通称。応永1 (1394) 年了庵慧明の開創。その弟子道了は大力無双で嶺谷を開き,大木巨石を運搬し,大殿法堂,山門などを建立したと伝えられる。以後幕府の保護を受ける一方,すでにこの地方に勢力を張っていた修験と結びついて発展した。道了は了庵が没すると,天狗となって当山鎮護にあたったといわれ,道了大薩 埵殿に祀られている。毎月 27日と 28日を祭日とし,1,5,9月の祭日には大祭を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

道了権現【どうりょうごんげん】

最乗寺

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道了権現
どうりょうごんげん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

道了権現の関連キーワード神奈川県南足柄市大雄町

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android