コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道了権現 どうりょうごんげん

3件 の用語解説(道了権現の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道了権現
どうりょうごんげん

神奈川県南足柄市大雄町にある曹洞宗大雄山最乗寺の通称。応永1 (1394) 年了庵慧明の開創。その弟子道了は大力無双で嶺谷を開き,大木巨石を運搬し,大殿,法堂,山門などを建立したと伝えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道了権現
どうりょうごんげん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道了権現の関連キーワード神奈川県南足柄市岩原神奈川県南足柄市内山神奈川県南足柄市狩野神奈川県南足柄市関本神奈川県南足柄市大雄町神奈川県南足柄市怒田神奈川県南足柄市沼田神奈川県南足柄市広町神奈川県南足柄市班目神奈川県南足柄市矢倉沢

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone