白狐(読み)シロギツネ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐ぎつね【白×狐】

白い毛をしたキツネ。びゃっこ。
ホッキョクギツネ別名

びゃっ‐こ〔ビヤク‐〕【白×狐】

白い毛のキツネ。また、年を経て毛が白くなったキツネ。神通力をもつとされた。しろぎつね。
ホッキョクギツネの別名。
[補説]作品名別項。→白狐

びゃっこ【白狐】[作品名]

日本画家、下村観山代表作。紙本着色による二曲一双の屏風。自然の中にたたずむ一匹の白の姿を描く。大正3年(1914)制作。再興第1回院展の出品作。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しろぎつね【白狐】

毛が白色のキツネ。びゃっこ。
冬毛の毛色が純白のホッキョクギツネ。

びゃっこ【白狐】

毛の白い狐。神通力をもち、人を化かすといわれた。
北極狐。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しろ‐ぎつね【白狐】

〘名〙
① 白い毛をしたきつね。上代には、太平の世にあらわれる吉兆とされた。また、年功を経たきつねが白狐になるという。びゃっこ。
浄瑠璃女殺油地獄(1721)中「いなり大明神の使者白ぎつねのをしへ、髪すぢ程もちがはぬ祈り加持も薬同然」

びゃっ‐こ ビャク‥【白狐】

〘名〙
① 年を経て毛色が白くなったという狐。神通力をもち人をばかすといわれた。
※続日本紀‐霊亀元年(715)正月甲申「遠江国献白狐」 〔穆天子伝‐一〕
③ (①が人をばかすというところから) 遊女をののしっていう語。
※随筆・独寝(1724頃)下「したたか鼻毛をのばし、白狐に眉毛をよまれて帰られん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白狐の関連情報