道君(読み)みちのきみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道君 みちのきみ

?-? 6世紀後半の豪族。
越(こし)(北陸地方)の国造(くにのみやつこ)。欽明(きんめい)天皇31年(570)高句麗(こうくり)(朝鮮)使がに漂着したとき,みずからを天皇といつわり調(みつき)を詐取したが,天皇から派遣された饗使の膳傾子(かしわでの-かたぶこ)に知られ返還させられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道君の関連情報