コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道守床足 ちもりの とこたり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道守床足 ちもりの-とこたり

?-? 奈良時代の農民,官吏。
越前(えちぜん)(福井県)足羽郡(あすわぐん)岡本郷の戸主。同国の東大寺領荘園の経営に郡の下級官吏としてたずさわる。天平神護(てんぴょうじんご)2年(766)には道守村の田を東大寺に売却した。名は徳太理ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道守床足の関連キーワード生江息嶋奈良時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android