道嶋三山(読み)みちしまの みやま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道嶋三山 みちしまの-みやま

?-? 奈良時代の官吏。
陸奥(むつ)牡鹿郡(宮城県)の人。神護景雲(じんごけいうん)元年(767)陸奥少掾(しょうじょう)のとき,伊治城を完成させて従五位上にすすむ。のち陸奥国造,陸奥員外介などをつとめ蝦夷(えみし)社会への律令導入につくした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android