道心者(読み)ドウシンジャ

デジタル大辞泉の解説

どうしん‐じゃ〔ダウシン‐〕【道心者】

仏道に帰依した人。
「年ごろきはめたる―にぞおはしける」〈大鏡伊尹
道心坊2」に同じ。
「傾城狂ひを必ずとまるべし。やめずは…―になるべき」〈浮・椀久一世〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうしんじゃ【道心者】

仏門に帰依した者。 「まことありがたき-なりとぞ人申しける/徒然 60
道心坊」に同じ。 「念仏嫌ひな-とは/浮世草子・禁短気」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android