コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

達田弁二 たつた べんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

達田弁二 たつた-べんじ

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者。
安永6年(1777)から9年にかけて江戸の外記座,肥前座のために烏亭焉馬(うてい-えんば)らと「伊達競阿国戯場(だてくらべおくにかぶき)」,吉田鬼眼らと「驪山(めぐろ)比翼塚」などを合作した。一説には多田大吉と同一人という。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の達田弁二の言及

【伊達競阿国戯場】より

…しかし累は姉の祟りで容貌が醜く変わり,夫の金策を助けるため身を廓へ売ろうとした貞節もむなしく,たまたま与右衛門が頼兼の許嫁歌方姫を連れてきたのを誤解し,嫉妬に狂ったあげく,ついに夫の手で殺される。歌舞伎初演の翌年3月,達田弁二,吉田鬼眼,烏亭焉馬合作によって人形浄瑠璃になり,江戸肥前座で上演された。近年では歌舞伎でも文楽でも累の筋が独立し,おもに《薫樹累物語(めいぼくかさねものがたり)》の外題で上演される。…

※「達田弁二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

達田弁二の関連キーワード浄瑠璃

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android