コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達競阿国戯場 ダテクラベオクニカブキ

デジタル大辞泉の解説

だてくらべおくにかぶき【伊達競阿国戯場】

歌舞伎狂言。時代物。初世桜田治助・笠縫専助合作。安永7年(1778)江戸中村座初演。伊達騒動(かさね)与右衛門の伝説を加え、脚色したもの。
浄瑠璃。時代物。達田弁二・吉田鬼眼・烏亭焉馬(うていえんば)合作。安永8年(1779)江戸肥前座初演。浄瑠璃化。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だてくらべおくにかぶき【伊達競阿国戯場】

歌舞伎狂言。時代物。通称《先代萩(せんだいはぎ)》《身売りの累(かさね)》。初世桜田治助,笠縫専助合作。1778年(安永7)閏7月江戸中村座初演。配役は絹川谷蔵のちに百姓与右衛門・渡辺民部を4世松本幸四郎,足利頼兼・豆腐屋三婦(さぶ)を初世坂東三津五郎,妹累を4世岩井半四郎,仁木弾正左衛門を3世大谷広右衛門,荒獅子男之助・細川勝元を5世市川団十郎など。伊達騒動に累の伝説をからませた脚色で,初演台帳は伝わっていないが,1808年(文化5)3月江戸市村座上演の4世鶴屋南北の台本では9幕の構成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だてくらべおくにかぶき【伊達競阿国戯場】

歌舞伎の一。時代物。初代桜田治助・笠縫専助作。1778年江戸中村座初演。応仁記の世界に伊達騒動をおき、それに累かさね・与右衛門を取り合わせて脚色したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊達競阿国戯場
だてくらべおくにかぶき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伊達競阿国戯場の関連キーワード桜田治助(1世)昔話稲妻表紙伽羅先代萩歌舞伎狂言烏亭焉馬(初代)綯い交ぜ達田弁二応仁記船岡城累物高尾屋台

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android