違式(読み)イシキ

大辞林 第三版の解説

いしき【違式】

きめられた形式や手続きに従わないこと。
律令制下において、式に違反すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

い‐しき ヰ‥【違式】

〘名〙
① 一定のきまり、慣習からはずれること。〔音訓新聞字引(1876)〕〔宋史‐呂溱伝〕
② 律令制における施行細則である式(あるいは例)に違反すること。違式の罪に問われた。〔三代格‐二〇・延暦二一年(802)一〇月二二日〕
③ 明治政府が制定した、軽犯罪取締りの規定にそむくこと。→違式違(かいい)条例

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報