(読み)しき

デジタル大辞泉の解説

しき【式】

ある定まったやり方やかたち。方式。形式。型。「に従う」
一定の作法にのっとって行う、あらたまった行事。儀式。「を挙げる」
数学その他の科学で、文字や数を演算記号で結びつけ、ある関係や法則を表したもの。数式方程式化学式など。「を立てる」
論理学で、三段論法を構成している命題の質や量の違いによって生じる諸種の形式。論式。
平安時代、律令および、その追加法令である格(きゃく)施行細則延喜式など。
式神(しきがみ)」の略。
「陰陽師(おんやうじ)を語らひて、―を伏せたりけるなり」〈宇治拾遺・二〉
事情。事柄。
「此の程の―をば身に替へても申し宥(なだ)むべく候」〈太平記・一〇〉
名詞に付いて、型・様式・方法・種類などの意を表す。「日本のあいさつ」「電動

しき【式】[漢字項目]

[音]シキ(呉) ショク(漢)
学習漢字]3年
一定のやり方。作法。きまり。「格式旧式形式書式正式定式複式方式洋式様式略式
型をふんだ行事。「式典儀式挙式葬式上棟式卒業式
記号・数字を連ねて事物の関係などを表したもの。「数式等式化学式
律令の施行に関する細目。「格式(きゃくしき)延喜式
ひとそろい。「一式
[名のり]つね・のり・もち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しき【式】

一定の作法にのっとって行う行事。儀式。 「祝賀の-」
特に結婚式。 「 -を挙げる」 「 -の日取り」
ある物事をするときの一定のやり方。 「そういう-でやってみよう」
数学・論理学などの諸科学で、記号を用いてある関係や構造を表したもの。 「 -を立てる」
律令の適用の仕方を定めた細則。また、それらを編纂へんさんした書。「弘仁式」「延喜式」など。
ことのわけ。ことの次第。事情。 「此程の-をば身に替ても申し宥なだむべく候/太平記 10
名詞の下に付いて、一定の方式・形式・やり方である意を表す。 「日本-」 「電動-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しき

律令や,その追加,改正法令である格 (きゃく) の施行細則をいい,またそれらを編集した書をいう。平安時代に入ると,社会情勢の変化に伴い,盛んに格や式が発布され,それらの編集も行われ,『弘仁式』 (→弘仁格式 ) ,『貞観式』 (→貞観格式 ) ,『延喜式』などが作られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

式の関連情報