コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

違棚 ちがいだな

百科事典マイペディアの解説

違棚【ちがいだな】

床の間の脇に2枚の板を左右段違いにして作りつけた棚のこと。上板と下板を結ぶ束(つか)をえび束,上板の端の突起を筆返しという。いけ花,装飾品等を置き,形式は多様であるが,天袋地袋を併設することが多い。
→関連項目茶箪笥

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちがいだな【違棚】

書院造を特徴づける構成要素の一つで,主座敷を飾る固定装置として押板(おしいた),付書院と組み合わせる。置棚の一種として違棚が出現したのは室町時代中期ごろで,会所の座敷飾の装置の一つに厨子(ずし),卓とならんで違棚が使用されている。会所の恒常化とともに会所座敷の飾りの場として,押板,付書院と組み合わせて座敷の一隅に固定されるようになった。足利義政が経営した小川殿や東山殿の諸殿舎で,主座敷に押板,付書院と組み合わせた違棚の用例が《御飾書》に見える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の違棚の言及

【棚】より

…この棚の大きさは間口が間半,1間のものが多く,構成は棚板だけのもの,袋棚や厨子棚を組み合わせたものなど種々ある。違棚は複数の棚板を左右から上と下にくい違いに釣った棚で,香炉,食籠,花瓶,茶器などを飾る。袋棚は床の間や棚の上方または下方に設けられる小戸棚で,引違いの戸襖が付く。…

【床の間】より

…奥壁の上部の天井廻縁(てんじようまわりぶち)に折釘(おれくぎ)を打ち,1幅から4,5幅が対になった軸装の書画を掛けられるようにする。床板の上には香炉,花瓶,燭台からなる三具足(みつぐそく)を置き,床の間の両隣には書院と違棚(ちがいだな)を設けるのが正式である。このような書院造の床の間に対して,茶室や数寄屋にも書画を飾る床の間が設けられるが,この場合は形式はかなり自由に扱われ,樹皮のついた床柱や形の変わった床柱が使われ,内部を壁で塗りまわした室床(むろどこ)や洞床(ほらどこ),落掛から床の上部だけを釣った釣床(つりどこ),入込みにならず壁面の上部に軸掛けの幕板を張っただけの織部床(おりべどこ)など,多様な形式のものがある。…

※「違棚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

違棚の関連キーワード通し違い棚茶道具雛形本寝殿造盆石木割台子造作

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

違棚の関連情報