コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天目 テンモク

デジタル大辞泉の解説

てん‐もく【天目】

天目茶碗。また一般に、茶碗。
天目台」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

天目【てんもく】

天目茶碗。鎌倉時代に中国,浙江省の天目山に留学した僧が持ち帰った茶碗から生れた名称。口縁部がくびれ,胴部が漏斗(ろうと)状にすぼまり,小さめの高台がつく姿の茶碗で,胴裾と高台部を除き黒色の釉がかかっている。
→関連項目石黒宗麿高麗茶碗瀬戸焼茶碗藤田美術館

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんもく【天目】

天目形(てんもくなり)の碗および黒釉のかかった陶磁器の総称。鎌倉時代に中国の浙江省にある天目山の禅院に学んだ僧侶たちが,帰国にあたって持ち帰った黒釉のかかった喫茶用の碗を天目と呼んだのに始まるという。後世この碗形のものを釉調にかかわりなく天目茶碗,天目形と呼び,また黒釉のかかったものを器形に関係なく天目,黒釉を天目釉などと呼んでいる。黒釉のかかった天目は中国,朝鮮,日本,タイ,カンボジアなど東アジア各地で盛んに作られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てんもく【天目】

天目茶碗」に同じ。
擂鉢すりばち形の茶碗の総称。
天目台」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の天目の言及

【吉州窯】より

…唐末五代のころから越州窯風の青磁や定窯風の白磁,黒磁を焼造した。宋代には磁州窯風な白地黒花文の精緻な作品なども知られ,また抹茶法による喫茶の流行に伴い,天目茶碗も焼造された。天目では日本で玳玻盞(たいひさん),鼈盞(べつさん)と呼ぶ黒釉の上に失透釉を掛け鼈甲状の釉調のものが名高く,また剪紙(せんし)(切紙)の文様を黒釉上に貼り,失透釉を掛けて焼造した梅花天目,竜天目,鸞(らん)天目,文字天目なども珍重された。…

【建窯】より

…中国,福建省建陽県水吉鎮にあった陶窯。宋代に喫茶用の茶碗(天目)を量産した窯として名高い。窯址は1935年ミシガン大学のプラマーJ.M.Plumerが初めて調査し,戦後は中国の研究者による調査が再三行われている。…

【茶碗】より

…こうした高級な器は貴族や武家,豪族,寺院などでおもに使われていたらしく,中世の城館趾や代表的な港からは数多くの碗類が出土している。 喫茶の茶碗としては,喫茶の習慣が日本に伝わって以来,室町時代後期までは青磁,白磁,天目(てんもく)など,やはり中国から請来された陶磁器,すなわち唐物(からもの)茶碗が用いられていた。足利将軍家を中心とする茶の湯の世界では,こうした唐物茶碗を当時の美意識によって位付けし,《君台観左右帳記(くんだいかんそうちようき)》に記している。…

※「天目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

天目の関連キーワード烏盞・胡盞瀬戸天目天目飲み油滴天目多度大社多度神社武田勝頼天目点て伊勢天目志村礼助曜変天目雲仙焼台天目吉州窯古瀬戸集銭酒灰被ぎ玳皮盞天目酒曝れ松

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天目の関連情報